ベトナムのIT産業の人材育成。

ベトナムのIT業界は非常に「熱い」です。それはなぜですか?

その理由の1つは、ベトナムが製品開発の目的地として外国のテクノロジー企業によって選ばれた国の1つであるということです。推進されているスタートアップの動き、特に観光、農業、不動産などの多くの分野での伝統的なビジネスからデジタル変革や電子商取引への変革の波に対応できる理由があります。製品…ベトナムは自社製品の開発に世界の注目を集めています。

ベトナムにはIT業界向けのビジネスやトレーニングセンターがますます増えています。

日本でも、IT人材の豊富さや両国の友好関係など、多くの日本企業がオフショア開発のパートナーとしてベトナムを選んでいます。とても素敵なメンテナンス、文化、料理などに近い…。

実際、IT人材の不足は、2020年までに約9万人、2021年までに約19万人と予測されています。ただし、日本のITエンジニアの不足(2020年頃は約36万9千人)と比較すると、 2030年までに789,000人)、ベトナムは深刻な状況に陥っていないことがわかります。また、政府の積極的な介入と支援のおかげで、学習環境などの要素も充実している一方で、日本との最大の違いは「若い人口」です。 」、ベトナムのITスタッフの将来の増加は確実に維持されます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. Webデザインサービス

  2. バナー・看板デザイン・チラシのデザイン

  1. 旅行のウェブサイトをデザインする際に欠かせないもの

  2. Webデザインサービス

  3. ベトナムのIT産業の人材育成。

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP